忍者ブログ THE VOC@LOiD M@STER忍者アド 鏡音なう
VOCALOID Fantasia
同人活動の宣伝や、いろいろと思いついたことを書いていきます。 なかなか更新できなくて、ごめんなさい。
| Admin | Write | Comment |
カウンター
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
(05/12)
無題(返信済)
(09/10)
(09/16)
(09/09)
(09/06)
最新トラックバック
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ようやく、続編ですよぉ。(^^)

5月24日から、第4章「伽藍の洞」が公開になります。
第5章「矛盾螺旋」は、夏の公開ということになっていますが。

前売りが、4月26日からということで・・・COMIC1の前の日です。
どうしようかなあ・・・ポスター欲しいし。

その前に、前売券の値段が。

第4章 900円(当日1000円)
第5章 1500円(当日1800円)

第4章は、レイトショーの値段ですが・・・もしや、第5章は、通常枠へ格上げか?(^^)
やったーー。
原作が長いから気にしていたのですが、通常の映画のように90分以上になるのは確実ですね。
なので、夏に延びているのかも・・・なんか期待ですね。

札幌でも上映が決定しました。
2008年5月3日より5月9日まで、スガイシネプレックス札幌劇場での上映が決定いたしました!

上映作品:劇場版「空の境界」
第一章 俯瞰風景
第二章 殺人考察(前)
第三章 痛覚残留

上映劇場:スガイシネプレックス札幌劇場

上映日程:2008年5月3日より5月9日まで 第一章~第三章 連続上映
PR
久々に、マリア様がみてるのネタが書ける(^^)

「マリア様がみてる」公式HPに、変なタイアップが載ってました。
http://www.gokigenyou.com/news.htm#071116A
(引用)
2007/11/19
●ピザハット「マリア様がみてる」タイアップキャンペーンが決定!
ピザハットにて「マリア様がみてる」とタイアップしたwebキャンペーンを実施します。
キャンペーン期間中、Mサイズのピザをご購入頂いたお客様全員に「マリア様がみてる」デザインのピザボックスでピザをお届けします!
また、ピザハットクラブ会員サイト内で会員の方を対象に描きおろしパソコン用壁紙や携帯電話の待受画像をプレゼント!
さらにオンラインオーダーをご利用頂いたお客様の中から抽選で30名様に「マリア様がみてる」グッズをプレゼントします。

 期間:2008年1月7日(月)~2008年2月13日(水)
特典:①オリジナルピザボックス
特典:②オリジナル壁紙(PC)または、待受画像(携帯電話)
特典:③「マリア様がみてる」グッズ(出演声優サイン入りグッズまたは、3rdシーズンOVAファンディスクVol.1) ◆対象:期間中にオンラインオーダーをご利用のお客様
※オンラインオーダー実施店舗の配達エリア内にお住まいの方のみ対象となります。
◆賞品:
★リリアン賞(1名)・・・主要出演声優サイン入り切手シート
★紅薔薇賞(3名)・・・紅薔薇姉妹サイン入り台本
★黄薔薇賞(3名)・・・黄薔薇姉妹サイン入り台本
★白薔薇賞(3名)・・・白薔薇姉妹サイン入り台本
★山百合賞(20名)・・・3rdシーズンOVAファンディスクVol.1
(引用終了)
自分の家も、実家もエリア内。
でも、正月早々ピザ屋かあ・・・まあ、いいや。(^^)
Mサイズなので良心的ですね。
由巳もチョコもらえるようになったのね。(^^;)

もう少しあってもいいのかなあと思いますが・・・

祥子からチョコをあげるときに、思い出話。
こんなところで、この話ですか。やりますねえ。
ウァレンティーヌスの贈り物後編」の「紅いカード」参照。

よかったね。覚えていてくれているのに、すれ違っているのはかわいそうかも・・・

白薔薇でも、去年の聖の話・・・乃梨子はやっぱり敵対視ですね。(^^;)
まあ、乃梨子とは合わないのかも。

真美のとこも、一応受け渡しがあったのですが、蔦子&笙子は・・・
同人で補完かなあ・・・(^^)


バレンタイン企画スタート。

祥子は動かず、由巳を見張るのは正解ですね。
答え言わなくても、ボロボロとヒント出しそうですね。

志摩子のヒントは、「く」「る」「ま」「の」「た」「ウサギの耳」

わざとわかりやすく並べてみました。(^^;)

先生だと思うのですが、絶対帰らない人を選んだのかしらね。
由乃の策略に、意外にも志摩子が乗っかった感じで進んでいったみたいで面白い発想とは思いますが・・・探せたんでしょうかね。


山村先生、久々の登場。忘れるからともらった瞬間にお返しするなんて格好良すぎます。


令、たまに大ボケかまして、由乃に怒られて、へこむの止めたらと思うんですが、またやってくれます。

リクエスト受け付け券それも黄色のカード(爆笑)

いやあ、思いつかなかった・・・こんな落とし方(^^)

大笑いしました・・・

由乃のカードは、2年連続、田村ちさととなりました。
まあ、あの状況では見つかりますけど、外壁はね。なかなか考えたものです。


瞳子は、最初はぐずぐずしていたのだが、探し始めたら、乃梨子入ってきて、確信に迫る発言。
由巳が事前に探す場所を考えていたときに、白地図(社会科準備室)の言葉を発していたんですね。乃梨子はそれを瞳子とのキーワードだと分かるなんて流石ですね。

祥子は、志摩子カードをほぼ完璧に当て、由巳のも余裕で5分前に・・・

瞳子登場・・・「妹にしてください
キターーーーー。

おかげで、由巳のカードは不在者投票へ。
当たらないよなあ・・・おしりの下は。


次巻は、バレンタイン企画の不在者投票からですね。

瞳子は妹になれるのか。志摩子カードは見つかったのか。
楽しみです。

1人だけど、ブトゥンが1ヶ月でも誕生?
山百合会減りすぎ。
周り出し過ぎだもの・・・


ところで、バレンタイン企画も2巻連続?

祥子&令の卒業なんて、5巻連続で続くんじゃないの?(^^)
すっかり忘れていた、この応募企画。(^^;)

風の大陸が、完結されたので、全員応募企画があったのです。
で、9月に送られてくるはずだったのですがぜんぜん来なくて。
年末になって、そう言えばと思ってHP見たらもうすぐ送られてくるような話。

年始になっても送られてこなかったので、もう一度確認したら、1月中旬にはと。

んー。いいのか?こういう状況って・・・
まあ新作を書いてもらおうとしてたんでしょうが、いのまたむつみさん、忙しいし、こだわり持っているから、なかなか進まかったんでしょうね。

さて、送られてきたのを見たら・・・

最後の2枚が、書き下ろしでした。残りは表紙ね。

なんとなく、ティルズっぽいのは仕方がないところでしょうか。
ラクシが、かわいすぎます。(^^)

竹河聖さんのコメントが書いてありますね。

お疲れ様でした。これからも、風の大陸の外伝が読めることを
期待しております。

で、いのまたさんは?・・・(^^;)
今回の話は、前巻の直後・・・生徒会選挙(山百合会)の選挙結果発表からです。

まずは、乃梨子視点から。
乃梨子の気持ちは分かる気がします。
お互い好き同士なのにくっつかないのは傍目からするとね(^^)
熱いし、真っ直ぐな乃梨子はいいですね、あんな友人ほしいものです。(大変かもしれませんが(^^;))

祥子視点に変わり、柏木との会話。
いくら噂話が嫌いとは言え、祥子は瞳子のこと知らなすぎやしませんか?と思うのですが詮索したりするのも嫌いだから、そうなっちゃうのかもしれませんね。
今回の柏木の作戦は失敗して、祥子の耳に入ることになったのですが、それで人の評価が変えるところがないのは、祥子らしいですね。

由乃の視点になって、バレンタイン企画の話なのですが、次回への伏線なので特にないです。由乃の相変わらずのイケイケ青信号っぷりは健在ですね。
山百合会の誰か止めろって(笑)

志摩子の「乃梨子のカードが探してみたかっただけ」でお互い照れ合うひびき令音さんの白薔薇姉妹の絵がかわいかったなあ(^^)


これ以降は、瞳子の視点です。

乃梨子、可南子、演劇部長とのやりとり。
まだ、瞳子を気にしてくれている人達が居ていいですね。

柏木とのドライブ・・・で、柏木って意外に沸点低いんですね。
まあ、瞳子のことの悪く言われて黙っていたら、第1巻より失望していたと思います(^^;)

しかし、裏でいろんな情報持っているんですね、柏木って。
謎が多いというか。
そのうち、柏木の含みのある言い回しが分かるときがくればいいのですが・・・
なんとなく、いらつくんですけど(^^;)

次に、瞳子と由巳が一緒に帰ることに。
由巳も祥子と同じであまり噂話とか聞かないみたいで、自分の不用意な発言でとは言え、琴線に触れたことには気づいたみたいですね。

キレて暴走している瞳子に対して「そこで100数えなさい」。
・・・は、由巳も大人になったなあ(^^)
さすが、2年生ともなると落ち着くんですね。
でも、由乃のほうは、中学生の奈々に弄ばれて、暴走がエスカレートしているような・・・(^^)

その後、瞳子と祥子が一緒に帰るのですが・・・
由巳同様、瞳子はキレてしまうのですが、さすがは祥子、瞳子の扱いに慣れているので説き伏せましたね。
「由巳がかわいそう」の発言は、瞳子は二重のショックだったと思います。
祥子と由巳に対して不信感を見せてしまった・・・好きな人に嫌な態度を見せてしまったと・・・

また、柏木の「皆離れて言ってしまう」の言葉も引っかかっていたんでしょうね。分かっていてもやってしまうんですよね。

もう戻れないと悟ったのか、瞳子は逃げ出して、由巳に言われた「100を数える」訳ですが。
冷静になれたら・・・結局、由巳のことを頼りたいんですよね。
素直じゃないんだから。

でも、カウントするのって、嫌なときはどんどん追い詰めていくんで好きじゃないんですよね。
現に、瞳子も追い詰めていってますし・・・




「81」・・・このまま全てが終わるかというとき、肩に手が。





「なにやっているの?」




録画忘れて、飛んで帰ったはずの乃梨子が。

乃梨子えらい。よく戻ってきた。瞳子を救うマリア様は乃梨子しかいない。
ええシーンやわあ・・・目がうるうるです。電車の中だったので、
やばかったあ。(^^;)

まだ大事な友達が居るという安心感で号泣の瞳子と困惑する乃梨子のコントラストがいいです。
いい友達ですよね。乃梨子がお節介っていうのもありますけど、
気持ちを察してくれるそんな友人作らないとね。自分も(^^;)



さて、次巻はいよいよウァレンティーヌス(バレンタイン)企画ですね。
瞳子は、由巳と一気に距離を縮められるのか。
由乃と令と奈々はどうなるのか。
楽しみ楽しみ・・・

由巳が卒業するまで、あと一年あまり。このままだと50巻越すのか?ながっ!
最新巻、読み終わりました。
また、ネタバレの書き込みをするときまで、何回か読み直す予定です。
で、感想ですが。
感動で目がウルウルです。
乃梨子最高!エライ!ようやった。(^^)

冒頭から中盤までは、前巻の続きからの流れがそのままで、順番からすると、バレンタイン企画(5巻、6巻)になるのですが、なかなかその話も進んでいかないし、疑問に思いつつも読み進めていったら、話が急展開。

可南子はワンシーンですけど登場してきて。
些細ですけど、ああいうのはいいですね。

そして・・・最後は今回の話をごっそりと総取り。一番おいしいですよ。あとがきで今野緒雪さんが勝手に動いたというくらいいい動きでした。
最後の場面がなかったら、また次巻まで嫌な気持ちがいっぱいになってたと思いますが、次もわくわく待てそうです。
そのおかげで、原作の流れが変わってしまったと今野さんが書いてましたが(^^;)

今回は、由巳から目線の話がありません。
確かに場面場面で由巳の気持ちとかは表現されないのですが、由巳に何故その感情をぶつけてくるのか、周りは何を考えているのかというのが、ここ2,3巻は描かれる機会が少なかったので、伏線の回答が提示されたということで納得できましたし、素直に読めました。

片方からの表現は説明するために細かく描写したり、キャラに説明の台詞をしゃべらせたりしちゃうことになってしまうんですよね。
それやると、読んだときに植え付けられているみたいで、拒絶反応出ちゃうんで、そのまま読まない小説があったりします。

まあ、人生は「自分から目線」しかないので、それもありなんですけどね。(^^)

さて、次巻は絶対にバレンタイン企画でしょう。
由巳そして由乃の妹は?(由乃はほぼ確定ですけどね)
できれば、由巳の妹は卒業までに決まってほしいなあ。
プチスールがゼロってのもね。乃梨子はブトゥンだし1年だからプチスールは春にならないとないしね(^^)

Copyright c fixy-blog。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]