忍者ブログ THE VOC@LOiD M@STER忍者アド 鏡音なう
VOCALOID Fantasia
同人活動の宣伝や、いろいろと思いついたことを書いていきます。 なかなか更新できなくて、ごめんなさい。
| Admin | Write | Comment |
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
(05/12)
無題(返信済)
(09/10)
(09/16)
(09/09)
(09/06)
最新トラックバック
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネタバレしますので、ご注意ください。

(前振り)
20時に新宿東南口に待ち合わせしまして。
ギター引いているお兄さんが居て。
神の引き方しているって(^^;)
ちょっと覗いてみると、ギターを膝に乗せて、ハワイアンギターよろしく弾いてます。
凄いですね。

んで、話しながら歩いていたら、映画館に着きそうになったので、途中でどこかご飯と(^^;)
ルート変更したものの、街中、人であふれていて(1次会終わりみたい)、どこ行くのも大変。

インド料理屋は、席に着いたら、飲み物(ワインとか)しかメニューが出てこない(^^;)
そうこうしているうちに時間もなくなり、「沖縄そば」のお店へ。

ソーキそばは、久々に食べましたね。
味もさっぱりしてて、良い感じでした。
食べ終わって、映画館に着くと、人だらけ(^^;)

入場は始まっていたので、パンフレットを購入して席に着く。
ちょっとしたところで始まりました。

映画が終わって、お茶して帰りました。
映画とCLANNADの話はっかりでしたね。(^^;)
新宿駅に行ったら、改札が大混雑・・・ほとんど進めない状態(--;)
いやあ、凄すぎです。
酔っぱらいは、さっさと帰れって(^^)


(本編)
猫アルクが登場し、映画を見ている両儀式と黒桐幹也が「携帯を切ってね」との注意喚起のはいいですね。
CMもなく本編へ。

原作通り、ハーゲンダッツのストロベリーのシーン。
読んでる人向けですね。

時間的には、浅上の件(第3章~痛覚残留)の後なんですね。
伽藍の洞ってあんな感じなんですか・・・ごっちゃな感じが橙子さんらしい。
俯瞰風景の説明のところは、ずっと幹也は寝てました。
あれは、あの方が分かりやすいですね。

単騎乗り込んでいった式は、返り討ちにあってしまう。
人形の工房はあんな感じなのか。映像で見れるといいですね。

再戦に乗り込むときの式はいいですね。
圧倒的に強いし、「直死の魔眼」もいいですね。
ちゃんと、浮遊している少女の「死の線」とかも描れていましたね。
※この辺は、月姫の遠野志貴と同じなので、知っていると思います。

トンボと蝶の話もうまく混ぜてます。

巫条霧絵の最後のところで、エンドロール。
「あれ?このままでは、この章のキ-ワードが出ない」と思ったら続きました。
黒桐鮮花(幹也の妹)が出てきて・・・橙子のアップ、来た来たぁ。

「今日は飛べなかっただけだろう」

思わず「よし!」って叫びそうでした。

次回予告。「殺人考察(前)」
結構、制作が進行している感じを受けましたね。
期待できそうなので見に行きますよ。

たかふみさんも言っていましたが、曲もうまくシーン盛り上げていますし、絵がいいですね。

コマ数が多いみたいで、スムーズに動いていますし、CGも過度に使われていないので見やすいです。
・・しかし、飛び降りの死体がリアルやねぇ・・・3回ほど出てきましたが(--;)

クオリティ高いですね。
満足です。さすが、毎回、満員御礼ですね。
立ち見も多くて。
今後もチケット大変そうです。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252]

Copyright c fixy-blog。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]